FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 最新刊

鉄のラインバレルとは清水栄一×下口智裕両氏による
『巨大リアルロボット・アクション』漫画です

原作なしのオリジナル漫画で独特なデザインのロボット(いわゆる脊髄ロボ)とともに
主人公の早瀬浩一が『正義の味方』を目指し奮闘します

今年秋にはTVアニメ化も決定し勢いに乗っている本作は
前述のとおり『正義の味方』というヒーローものの永遠の命題に全力で挑んでいます

ある日突然巨大ロボット―マキナ―の力を手にしてしまった早瀬浩一
その力はまさに『神にも悪魔にもなれる力』であり
当初、早瀬はその力に溺れてしまいます

しかしそのせいで親友の矢島を失ってしまい(ここらへんの流れもまた涙を誘う)落ち込むものの
後に仲間となるJUDA社長の切実な願いと矢島の今際の言葉
『大事なのは「どうすればいいか」じゃない お前が「どうしたいか」だ』
『せっかく…手に入れた力なんだろう?……なら 
正しいコトに使ってくれ
を胸に正義の味方へとなるべく世界征服をたくらむ加藤機関に立ち向かう―

という内容で今日発売されたのはその9巻目
080419_173830.jpg

7巻から登場した新勢力『キリヤマ重工』との戦いがクライマックスにさしかかっています―

というかあと1話でキリヤマ重工編は終わり(本誌で読んでるので)
そのくせその1話でも「推進派の連中を集めろ」とか新展開になってるんだから入れてくれよ…
単行本の厚さの関係でしょうけどね

この9巻では出ているマキナ全機に見せ場があるので
読み応えがあります
特に山下クンのハインド・カインド


080419_173919.jpg



先生、いくらゲッターが好きでも大雪山おろし・二段返しはいけませんw

他にもディスィーブの隠された能力やタリスマンの護符(英語でTALISMAN)たる所以
本気モードの森次さんのヴァーダントに味方のピンチに駆けつけるラインバレルなど
前巻ロボアクションがほぼなかったためか全機大奮迅

ロボットものには欠かせない変形ロボも出現し作者の実力が発揮されまくりです

明日発売の本誌今月号ではアニメのPVがつくなど盛り上がっているラインバレル

ロボ好きなら見逃せない一品です
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。